ノコギリヤシとジヒドロテストステロン

抜け毛や薄毛の原因というのは、人によって様々です。
代表的な原因として考えられているのは、遺伝的な素因と睡眠不足や喫煙などといったような生活環境、ストレスなどです。
他にも、加齢が原因の1つとして挙げられます。
老化したことによって、頭皮に弾力がなくなってしまったり、動脈硬化によって毛包が破壊されてしまいます

加齢によって男性ホルモンが変化することも原因の1つだと言われているようです。
遺伝的な素因となるその遺伝子はまだ見つかっていないのですが、抜け毛において男性ホルモンが関係していることは確かな事実ですので、男性ホルモンに関わっている遺伝子が影響していると考えられているようです。
それでは、男性ホルモンというのは、なぜ抜け毛を引き起こす要因となるのでしょうか。
代表的な男性ホルモンといえるテストステロンは、抜け毛などを引き起こさないのです。

抜け毛を引き起こしているのは、テストステロンが変化した男性ホルモンの1つでもあるジビドロテストステロンです。
ジビドロテストステロンというのは、テストステロンから5αリダクターゼへと変化することによって発生します。
そして、この5αリダクターゼが数多く存在している場所が、頭皮と前立腺です。
過剰に発生してしまったジヒドロテストステロンは、孟母細胞で髪の毛の成長を抑える信号をだすことによって、髪が成長するのを妨げてしまいます。
それが続くと、発毛周期が休止期となってしまいます。

さらに、新しい髪が発育するのを抑制して、髪の毛が生えなくなってしまうのです。
かといって、ジヒドロテストステロンを抑制して除去してしまうと、様々な副作用がでてくる可能性があります。
このホルモンは、男性ホルモンを構成している重要な要素だからです。
ノコギリヤシは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するために必要とする5αリダクターゼを抑制してくれることで、ジヒドロテストステロンが過剰発生しないような効果をノコギリヤシが発揮します。
そうやって、副作用がなく、抜け毛や薄毛の症状の改善がノコギリヤシを用いることで期待できるのです。