ノコギリヤシと男性ホルモン

サプリメントや健康に関心の高い人であれば、ノコギリヤシという名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ノコギリヤシというのはヤシの仲間なのですが、その中でも最も小さい種類であると言われており、アメリカ南東部で主に自生している植物のことをいいます。
かつては、ネイティブインディアンの人たちが鎮静剤として使用していたという歴史があり、ヨーロッパでは医薬品として非常に高い評価を得ているようです。
フランスやドイツにおいては、なんと60年以上も前からこちらの植物を医薬品として使用していたようです。

こちらの植物は男性ホルモンに働きかける作用があるといわれているのですが、まだ正確に解明されておらず、医学的な根拠はないという人もいます。
しかし、科学的なデータとしては、ベルギーにおいて実施された実験によると前立腺肥大の患者さん305人中88%もの人が症状が減少していくのを実感しており、医学的な面でも症状が改善されたことが証明されているのです。
こちらの実験から、もっとも有効だとされている説としては、ノコギリヤシが前立腺肥大の原因となっているジヒドロテストステロンという名前の男性ホルモンの生成を抑制し、減少させる効果があるということです。

日本においても、現在では医療の現場においても使用されていますので、実質的にいって効果が認められているといえるのではないでしょうか。
こういったことからも、こちらの植物が男性ホルモンに対して何らかの作用をもたらしていることがわかります。
現在では、サプリメントなどによって気軽に摂取することができるようになったこちらの植物ですが、その効果については個人差があるというだけではなく、作用が穏やかであるという点からも、効果を実感するようになるまで時間がかかる場合が多くあるようです。
つまり、こちらの植物を摂取することによる健康面での改善効果を実感するまでには時間がかかってしまうものの、安全で効果的な治療薬だということができるでしょう。